大分県母子寡婦福祉連合会

よくある質問
トップページ ≫ よくある質問 >> 借金について 

Q&Aよくある質問

当センターへ多く寄せられる相談内容をご紹介します。詳しい内容は、直接担当窓口へご相談ください。

借金について

質問
借金が増えてとても支払える状況ではありません。どういう制度がありますか。
答え
簡易裁判所の特定調停
今までどおりの返済を続けていくことが難しい場合、債権者と返済方法などについて話し合っていきます。調停委員が双方の意見を調整していきます。

弁護士に依頼する任意整理
弁護士を介して話合いを行い、今後の返済方法を決める手続きです。3年から5年くらいの期間内に、分割で支払うというのが具体的な返済方法になります。

自己破産
破産手続き開始及び免責許可の申立をすることです。経済的に破綻した場合に、裁判所に申立を行い、裁判所が財産を債務者に公平に分配するための手続きです。
免責が許可されると法律上、借金の返済義務がなくなります。

個人再生
返済すべき債務額を民事再生法の定める方法によって減額し、3〜5年間の分割払いで返済するための手続きです。減額された債務を弁済できる定期的な収入が必要です。
質問一覧へもどる
質問
前夫には相当な借金があるらしいとの噂がありますが、前夫が死亡した場合、その借金をこどもたちが支払わないといけませんか。
答え
相続を知った時から、3か月以内に家庭裁判所に相続放棄をします。
質問一覧へもどる
PAGE TOP